真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

汗をかかずにトップを奪え!

トップページ > 汗をかかずにトップを奪え!

汗をかかずにトップを奪え!

著者:三田紀房 発行所:大和書房 価格:1,260円
初版:2007/11 評価:★★★☆☆
  • 格差の本質を見抜け
  • 仕事とは「大いなるヒマつぶし」だ!
  • 人脈を築いて「そのとき」に備えろ!
  • 仕事は五分で片付けろ!
  • 指名される社員になれ!
スポンサードリンク
副題は「ドラゴン桜」流ビジネス突破塾。 冒頭、デキるヤツになりたいなら、こんなビジネス塾やビジネス成功法、人生の指南書など一切読むな!という本書を開いて読み始めた読者を一喝します。「セミナーの途中で中だるみになった頃に必ず灰皿を投げてみせるコンサルがいたな」と、頭の隅で思い出しながらも、すでにこういった刺激に惹かれてしまっている自分に気がつきました。

本書汗をかかずにトップを奪え!は転職や独立を読者に勧めるような内容ではありません。それでもいつか転職や独立の機会が来ても決して慌てずに行動できる基礎を作ってくれる内容でした。

どんなふうに人脈を作っていくか、どんな風に仕事とつきあっていくかを言葉は乱暴ですが読者に植え付けてくれます。職場に馴染めずに転職を考えている人、思い切って会社のカサのしたから抜け出て独立を計画している人に向けて熱いメッセージを送ってくれています。筆者自身が読むなと言っていますが、いざ行動を起こす前に是非手にとって読破した方がいい!と強く感じました。

【読書メモ】

とにかく会社を辞めた時、すぐに「次の手」が打てるような自分を作っておくことが重要。
なぜ会社を辞めたいかをしっかり考える。(なぜ転職したいかとかなぜ独立したいのかではダメ。)
良くも悪くも頭に切り替えスイッチなどない。
仕事をON・OFFではんくHIGH・LOWで意識する。
あらゆる仕事は仕事と作業に分けて考える。(仕事は5分間集中し、その後は作業をする)
手帳には予定ではなく、結果(成果)を書くこと⇒自分自身を見つめなおすツールとして活用する。



Copyright © 2009 Powerd by Stickthroat

ゴシップ情報 inserted by FC2 system