真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

稼ぐ超思考法

トップページ > 稼ぐ超思考法

稼ぐ超思考法

著者:岡本 吏郎 発行所:フォレスト出版 価格:1,365 円
初版:2007/11 評価:★★☆☆☆
  • スターバックスは明治時代からあった?
  • 資本主義はババ抜き
  • お金で計算できないものがオイシイ
  • 幸せは減っていく
  • 「自分探し」に意味はない
スポンサードリンク

稼ぐ超思考法には20の思考法が書かれています。大きく4つとか5つのセンテンスに分けた章が設けられているわけではなくて区切りは20。
普段ビジネス書ナビでご紹介するビジネス書は章に分かれたタイトルを記述しているのですが、稼ぐ超思考法に限っては20のうち5つを抜粋。まずは興味が沸いたなら手に取ってみてください。


「考え方を教える」ということは非常に難しい印象を受けます。
実際手に取った稼ぐ超思考法は非常に難解です。ビジネス書を手に取ったときには付箋を貼ったりメモを取りながら読むようにしているのですが、その手がなぜかまったく動きません。そして遡って読み直すという行動がかなり多かったような気がします。
プロフィールをみると筆者の岡本氏は税理士さん。数字を使って理詰めでくる手法はこのあたりが要因なのかなと感じました。


ビジネスマンの研修やクリエイティブな仕事をしている人にとって、ビジネス書はある意味仕入です(情報もまた商品ですから)。
稼ぐ超思考法が充実した仕入になったかどうかは、これからいろんな局面で顔を出すのかもしれません。出さないかもしれませんが。
ただ難しい「考え方を教える」作業を咀嚼してわかりやすいようにすることも、この手のビジネス書の使命なのだとしたら・・・稼ぐ超思考法は失敗作なのかも。




Copyright © 2010 Powerd by Stickthroat

ゴシップ情報 inserted by FC2 system