真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

食わず嫌いのための逆引きフォトレタッチ術

トップページ > 食わず嫌いのための逆引きフォトレタッチ術

食わず嫌いのための逆引きフォトレタッチ術

著者:久門 易 発行所:日本カメラ社 価格:1,995 円
初版:2010/08 評価:★★★☆☆
  • フォトレタッチを始める前に
  • 失敗写真を救済するレスキューレタッチ術
  • なんでもできちゃう?魔法のレタッチ術
  • [被写体別] 基本のレタッチレシピ
  • レタッチでアートな作品づK類に挑戦!
  • 作品を発表しよう
スポンサードリンク

フォトレタッチは短期間で身につく技術ではありません。
まずレタッチ系の最高峰と呼ばれるPhotoshopやGIMPといったレイヤーを使う多機能なアプリケーションに慣れることが必要だし、何よりも必要なのはセンスだと思います。


YouTubeなどの動画配信サイトで、真っ白なキャンバスにフォトショを使って絵を描画する動画や太った女性をスリムにする動画を観たことはありませんか?センスがあればこれらのような神業を習得し、披露することもできるんですね。


食わず嫌いのための逆引きフォトレタッチ術には”神業”は載っていませんが、ちょっとした写真の補正からかなりアーティスティックな作品を作れるようになるまでの手順が書かれています。
オールカラーでPhotoshop Elementsのメニューを開く手順や、サンプルにたくさんの写真が使われていて、初心者にもかなりわかりやすく作られています。自分が独習していた頃にこんなレタッチ学習本があったらどんなに近道ができただろうと、考えさせられる一冊でした。


誰でも手軽に購入し使えるようになったデジカメ。
どうせならパソコンでフォトレタッチに挑戦してみてはいかがでしょう。そんなあなたに食わず嫌いのための逆引きフォトレタッチ術をおすすめします。




【読書メモ】

用意するもの(Win&Mac兼用)PhotoshopElements
フォトレタッチの前にモニターの色を再設定 → モニター用キャリブレーター



Copyright © 2010 Powerd by Stickthroat

ゴシップ情報 inserted by FC2 system