真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

アルゴリズムのキホン

トップページ > アルゴリズムのキホン

アルゴリズムのキホン

著者:杉浦 賢 発行所:ソフトバンククリエイティブ 価格:1,575 円
初版:2011年/03月 評価:★★★☆☆
  • アルゴリズムとは
  • 変数と配列
  • データ構造
  • 基本的なアルゴリズム
  • 並べ替えと探索
  • そのほかのアルゴリズム
  • アルゴリズムの計算量
スポンサードリンク

高校生の頃にはじめて手にした8ビットパソコン”FM New7”でBasicを、学生時代に情報処理系の授業で習ったCobol。その後もMacでHyperTalk、PerlやC、PHPとプログラムには常に接しています。
どんなプログラムでもマニュアルやテキストに書かれているのは”アルゴリズム”なるもののとっかかり。では、アルゴリズムって何?という疑問に答えた一冊が「アルゴリズム」のキホンです。


ページをめくりながら学生時代の情報処理の授業に戻ったような気分になりました。
すでにウン十年前の話なので、「今アルゴリズムについて解説してる」なんてことは言われないし、こちらも学んでいるという感覚はありませんでしたが・・・。


「アルゴリズム」のキホンは見開き2ページで1つのセンテンスについての説明になっていて、どんなプログラム言語でも共通して使うことが出来ます。手順1、手順2と書かれた箇条書き文をそのままプログラムに落とし込んでいけば容易に書くことができるはず・・・プログラム概念を学習する際のキモが集約された一冊となっています。


読む時期としては、まるっきりビギナーの状態よりも学習しているプログラム言語をある程度操ることができるようになってからの方が吸収が早いと思われます。
後半部分の「そのほかのアルゴリズム」については新しい発見もあり、実際読んでみてよかったと感じました。
プログラミングは手を動かしてナンボなので、読みっぱなしで放置せずさっそく書いてみることにします。




【読書メモ】

ユークリッド互除法で最大公約数を計算する
エラトステネスのふるいで素数であるかを判定する



Copyright © 2011 Powerd by Stickthroat

ゴシップ情報 inserted by FC2 system