真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

はじめての最新Evernote入門

トップページ > はじめての最新Evernote入門

はじめての最新Evernote入門

著者:原 久鷹 発行所:秀和システム 価格:1,575 円
初版:2012年/09月 評価:★★★☆☆
  • Evernoteについて
  • Evernoteを利用するための準備
  • Evernoteの基本知識
  • Evernoteのノートをつくってみよう
  • ノートを分類・検索し情報を活用する
  • ノートの加工テクニック
  • ノートを共有したり情報公開するテクニック
  • モバイル端末でのEvernotek活用術
  • iPhone/AndroidのアプリでEvernoteをさらに活用する
  • Evernoteとその他のWEBサービスを連携させる
  • デジアナ文具をEvernoteで活用する
スポンサードリンク

Evernoteは使うと便利らしいという話は以前から耳にしてはいました。 自宅仕事場ではすべてのPCがLANでつながれているため導入のメリットを感じていなかったのですが、タブレットPCを手にしてはじめてEvernoteを筆頭にクラウドの恩恵を享受しています。


たまたま見つけたEvernote入門を手にし、せっかくなのでタブレットPC(nexus7)のEvernoteを使ってレビューを書いています。Evernote入門の”はじめに”の冒頭、「すべてを記録する」と書かれています。これはEvernoteの公式サイトにもあるキャッチフレーズなのだそうです。


本書を最後まで読み進めるとEvernoteを使って「すべてを記録する」ことは決して不可能なことではなく、デジタルデータだけに限らずアナログデータさえもその範疇に入っていることがわかりました。ホントにお腹いっぱいになるくらい・・・。


nexus7を購入してから、手始めにライフログをEvernoteでつけ始めていました。本書を参考に、今後はもっと積極的に使い倒していこうと考えています。



Copyright © 2012 Powerd by Stickthroat

inserted by FC2 system