真夜中の遊園地

ビジネス書ナビ

クラウド「超」仕事法

トップページ > クラウド「超」仕事法

クラウド「超」仕事法

著者:野口悠紀雄 発行所:講談社 価格: 1,575円 円
初版:2011年/1月 評価:★★★☆☆
  • クラウドが開く魔法の世界
  • クラウドの魔法を誰でも使える時代が来た
  • ため込むな クラウドに上げよ
  • クラウドを用いて時間を有効に使う
  • 考える環境を作る
  • クラウド時代に生き残るメディアは何か?
  • クラウドを制するものが未来を制する
  • クラウドは民主主義と両立するか

本書クラウド「超」仕事法は『クラウド』を今以上に再活用するために手にとった一冊です。
Googleの無料サービスであるGmailを軸に据えていろんなサービスを併用していくという考え方は、現在自分がとっている手法と同様でした。タイムリーにもPCのアップデートでまとめて紛失いてしまったデータがあるのですが、『過去のメールが自分に関するデータベースに使える』という記述を身を持って体感しているところです。


読み進めていくと”「超」便利手帳”というキーワードが頻繁に登場します。
筆者と同様に本書から野口氏の著書を手にしたのなら、きっと鼻につくほど頻繁に登場すると感じるでしょう。ネットの情報を検索してみると、すでにWikipediaに登場しているキーワードのようですが、やっぱり知らんもんは知らんということでなんだか疎外感がありました。


中盤くらいまで読み進めたあたりでこのような感想を持ったため、途中から読んでやろうという意欲が途切れてしまいました。
上述したインデクスをざっと見ていただければお分かりかと思いますが、目的が仕事術の指南書なのに後半へ行けば行くほど本題から逸れているのがみてとれます。最終章のクラウドと民主主義の両立なんて仕事術習うのに関係ないですからね。


ビジネス書をいくつか手にとったことがあれば、パレートの法則という用語を耳にしたことがあるでしょう。 例にもれずクラウド「超」仕事法に書かれていることで、気づきにつながるのは2割程度です。あとがきを含めて300ページ弱。厚みの割には薄っぺらい内容です。
ただ2割は確実に有益だと思われます。


本書で学んだこととはちょっと違うのですが、iPadやNexus7といったタブレットPCで今まで使っていなかったアプリがクラウドで連動することを知り、早速実践するようになりました。
Wi-Fiが使えない環境下でのWi-Fi専用タブレットPCの活用法について、強烈なインスピレーションを貰えた点は非常に感謝しています。



Copyright © 2013 Powerd by Stickthroat

inserted by FC2 system